(明石)自転車と歩行者の場合🚲(交通事故)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

  

自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故は年々増えています💦車との事故では、自転車は弱者として捉えられがちでしたが、対歩行者の事故では加害者になることが多くなっています。

 

■自転車は“軽車両”(道路交通法)

 

道路交通法の規制を受けます。免許制度はありませんが、車両と運転者としての義務は四輪車やバイクなどと変わりません。

 

事故を起こせば、警察に通報する義務があり、損害賠償や慰謝料などの民事上の責任も問われます。そして交通違反を犯した場合には、刑事上や行政上の責任も問われます。自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故で相手を死傷させた場合、加害自転車に重過失が認められれば、重過失傷害罪(5年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金)が適用されることもあります。

 

■自転車に関係する取締り

 

自転車は、専用の道路が設けられている場合は、原則としてそこを通行しなければなりません。歩道は、歩行者専用の安全通行エリアであり、道路標識などで自転車の走行が許可されている場合のみ通れます。また、歩行者の通行を妨げる場合には、一時停止の義務があります。

 

自転車の走行が認められていない歩道上で、自転車と歩行者との事故が起きた場合には、自転車に全面的な過失が認められることになります。

 

信号無視や一時不停止、無灯火、酒酔い運転など悪質危険な違反については、取締も厳しくなっており、積極的に検挙、適正な処分がなされることになっています。

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA