(明石)事故現場で「お見舞い金」や「口止め料」をもらったら?(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸整骨院です

加害者から「迷惑をかけたので」と言われて「お見舞い金」をもらい、人身事故にしなかったお礼として「口止め料」もらったのですが、

加害者の保険会社から「示談金から差し引きます」と言われました、という場合。

 

 

実際、このようなケースは事故の当事者間にあることで、特に加害者が仕事中で「会社にばれると困るため、これだけ払うので、示談してください」と言われて示談書の類を作成してしまうと、取り返しのつかないことになります。

 

直接、加害者に金品を求めるのはもちろんのこと、加害者から「お見舞い金」や「口止め料」の名目で金品を受領する事は、控えるのが望ましいといえます。

 

ちなみに、過去の裁判例になりますが、「見舞金」や「口止め料」を受け取ってしまった場合、

それが「損害を補てんする趣旨」と考えられる場合には、損害賠償額(示談金)から差し引かれる可能性があるとの判断がなされています。

 

また、「損害を補てんする趣旨」と考えられない場合であっても、傷害慰謝料(入通院の慰謝料)算定の一事情として、考慮されてしまうこともあります。

すなわち、賠償金を別にもらえると思っていたら、お見舞い金等が賠償金の一部と判断され、最終的にもらえる額が減ってしまう結果になってしまうのです。

 

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA