(明石)自分で裁判手続きをする場合は?(損害賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸整骨院です。

Q  示談金の交渉をしたのですが、全く進展がないため、裁判をして解決をしたいと思っています。

弁護士費用がもったいないので、自分で裁判手続きをしようと思っているのですが、それで何か不利になる事はありますか?

 

 

 

A   ただちに何か不利になるわけではありません。

 

しかし、裁判手続きは複雑な面もあり、また、裁判所の裁判官が、被害者を守るために親切に手取り足取り教えてくれるわけではありません。

 

通常、裁判になれば、加害者側の保険会社は弁護士をつけてきますので、その弁護士があなたの主張をつぶそうと反論してきます。

 

それに対して適切に反応し、こちらの主張を立証していく事は、簡単にできるものではありません。

 

そうすると、事実上、十分な主張・立証ができずに不利な判断をされることもあり得るので、やはり、弁護士費用がかかっても、弁護士に裁判手続きを依頼すべきといえます。

 

ちなみに、判決で請求が1部でも認められる場合、弁護士費用についても請求して認められた額の10%程度を損害として請求できます。

 

もし弁護士に依頼しているのであれば、弁護士が代わりに裁判所に出頭するので、毎回、あなたが裁判所に出向くことはありません。

 

もっとも、過失割合など事故状況に関して争いがある場合には、事故の当事者から直接聞いた方が良いと言うこともあり、事故状況を説明するため、裁判所に出頭する必要があることもあります。

 

また、争点となっている部分に関して、「陳述書」という書面の作成に協力しなければならないこともあります。弁護士に依頼してるのであれば、陳述書の作成もサポートしてもらえるはずです。

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA