(明石)加害者側が加入する保険の種類とは?(自賠責保険と任意保険)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

自動車を運転する人の自動車保険には、大きく分けて、①強制加入の「自賠責保険」と

②「任意加入」の「任意保険」があります。

 

自賠責保険は、事故を起こした際に「被害者が最低限の補償を受けられるよう、強制加入となっている保険」です。

そのため、被害者が自賠責保険から得られる保証はわずかです。

 

具体的には傷害部分(治療費や休業補償、傷害慰謝料などが含まれます)は120万円までで、後遺障害部分(後遺障害慰謝料や逸失利益などが含まれます)は、認定された等級に応じて4000万円から75万円となります。

 

任意保険は、「自賠責保険では保証しきれない部分を保障するために任意に加入する保険」です。

現在ではほとんどの自動車の運転者が加入しています。

 

加害者が任意保険に加入している場合、その保険会社の担当者が示談交渉の窓口となることが多いです。

示談の際には、保険会社が自賠責保険の分まで一括で示談金を支払い(「任意一括払」といいます)、その後、保険会社から自賠責保険会社に自賠責保険分を請求するなど、保険会社同士で清算することとなります。

 

なお、加害者が任意保険に加入していなかった場合、被害者は自賠責保険に直接、保険金を請求することができます(「被害者請求」と言われています)。加入は任意なので、加害者に確認すればわかるはずです。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA