(明石)被害者は不安でいっぱい…事故から解決まではどう進む?(事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

不幸にも交通事故に遭ってしまった被害者は、心細く不安な気持ちでいっぱいでしょう。

事故の直後は恐怖やショックで呆然とするでしょうが、少し時間が落ち着いてくると、次にやってくるのはどうしていいのかわからないという心もとない気持ちのはずです。

 

ここでは、交通事故被害者が様々な手続きを進めて行く前に、知っておきたい基本的な知識について解説していきます。

 

事故に巻き込まれたら、まずは警察に連絡をしましょう。

警察が現場に駆けつけると、すぐに交通整理と事故状況の捜査が始まります。

もちろん、被害者が連絡できない状況のときには、加害者が連絡をすることになります。

このとき、加害者には被害者に対する救護義務があり、これを怠ったり逃走したりすると、加害者は後々交渉で不利な立場に立たされることになります。

 

警察への連絡が済んだら、加害者には保険会社に連絡をしてもらいます。

また、被害者の方でも保険会社に連絡を入れておく必要があるでしょう。

 

事故現場の処理が終わったら、被害者は病院に行き、診断をしてもらいます。

大きな怪我をした場合には、直ちに治療を始めます。

もちろん、重症の場合は、即入院となるでしょう。

 

その後は、警察の手続きと治療が並行して進むことになります。

警察の手続きで重要なのは、事故状況の捜査です。

このときの警察の判断によっては、過失相殺という問題が発生する可能性があるからです。

そうなれば、後々の損害賠償額にも影響を与えることになります。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA