(明石)過失の割合はどのように判断・認定されるべきか? (損害賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身事故における加害者と被害者の過失割合の判断認定は、一般には次のような手順になります。

 

①保険会社の担当者が事故の事実関係について、加害者と被害者の両方の話や状況説明を聞く。

 

②両者の言い分に食い違いがあるときには、その点について、それぞれに再度確認したり、矛盾点を問いただす。さらに必要な場合は、事故現場などで独自の調査を行う。

もし、被害者のケガが重くて証言ができない時や死亡した場合も、同様に独自の調査で事故の状況を把握する。ときには手に入れることができる事故の「実況見分調書」や調書類等を参考にする。

 

③そのような経過の後、この事故の状況については、こう考えるのが妥当であろうという判断を下す。

そして、何対何といった具体的な過失の割合については、交通事故の裁判の判例や保険会社の資料、「過失割合認定基準表」等によって認定する。

 

となっています。

 

このようにきちんとした手順に過失割合が出されれば、被害者としても納得しやすいでしょう。

そういう保険会社の担当者も少なくないと思いますが、現実は、相当に違うことがあるようです。

 

被害者の言い分は聞かないか、聞いてもおざなり。

加害者の言い分を聞いて事故の状況をつかんだことし、過失の割合は保険会社に都合の良い判例を持ち出して決める。

これでは被害者側が納得できるかそれが出てくるはずもありません。

 

交通事故相談は当院まで、お気軽にご相談ください。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA