(明石)任意保険における後遺障害の損害賠償は?(損害賠償)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

後遺障害の損害賠償額は、保険の自由化によって統一基準が廃止され、各保険会社で基準を作成していますが、以前の統一基準や最近の裁判の動向などから、大体、以下のような内容と考えられます。

 

①慰謝料

基本的には自賠責保険の場合と同じ。

障害の部位・程度、被害者の年齢・性別・職業・地域差・逸失利益の額、家庭生活に及ぶ影響のほか、裁判の動向を考えあわせて、これを超える金額を認定することが妥当な場合は、その額とする。

 

②逸失利益

収入額×該当等級の労働能力喪失率×後遺障害確定時の年齢に対応するライプニッツ係数

※4時、18歳未満の学生全年齢平均給与額×労働能力喪失率×行為障害確定時の年齢に対応するライプニッツ係数

 

 

③将来の介護料

介護料×介護期間に対応するライプニッツ係数

※後遺障害別等急第一級3号及び4号に該当する場合、介護料は入院自宅療養にかかわらず1ヵ月13万円。医師の診断や裁判の動向などを考え合わせ、妥当な生存可能年数を持って介護期間を認定する。

※後遺障害別等級第1級、第2級、第3級3号及び4号に該当する後遺障害者で、かつ、真に介護を要すると認められる場合、介護料は入院・自宅療養にかかわらず1ヵ月6・5万円。

障害の対応、機能回復の可能性、生活に対する順応の可能性等についての医師の診断、裁判の動向などを考え合わせ、妥当な介護期間を認定する

 

④その他の損害

社会通念上、必要かつ妥当な実費とする。

 

 

後遺障害の損害賠償でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA