(明石)示談代行者との交渉のメリットとデメリットは?(示談交渉)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

被害者は示談代行者(保険会社)との交渉を拒否することができますが、加害者から、「保険会社に任せてあるので話し合ってください」と言われれば、そうせざるをえないのが現状です。

 

また、示談代行には、損害額が明らかに自賠責保険の支払い限度内に収まる場合は、示談代行できないといった決まりもあるのですが、保険会社の担当者は、そんな場合も被保険者(加害者)へのサービスで、どんどん示談代行してしまうようです。

 

保険会社にとっては、加害者がお客様です。

 

当然、加害者側の立場に立ち、また会社の利益を優先させると思われますが、建前としてはあくまでも中立で公正な立場をとることになっています。

 

加害者と被害者の間に立って、被害者に対して適正な保険の支払い額を決めると言うわけです。

 

しかし、これは建前であるのは言うまでもありません。

 

保険会社の示談代行者は、いわゆる交通事故解決のプロです。

 

「話が通りやすく交渉を進めやすい」「示談が成立すると、お金が必ず、スムーズに支払われる」といったプラスの面がある一方、

プロは賠償金額をできるだけ低く抑えるのが商売です。

 

交通事故の交渉では被害者は到底太刀打ちできず、不利な示談による解決になりがちというデメリットがあります。

 

被害者は示談交渉の知識が欠けているのでその解決が自分たちに不利かどうかさえもわからず、なんとなく不満の気持ちは残っても、問題化する事は少ないのです。

 

なお、加害者が任意保険に入っていなかったり、示談代行付きの任意保険に入っていない場合にも、加入してる自賠責保険や任意保険会社から示談をする前には必ず保険会社と相談するようにと釘を刺されており、加害者だけとの交渉でも、そのバックには保険会社がいると思って良いでしょう。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA