(明石)納得のいく治療を受けるために、転院は可能です(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身事故にあって救急車で病院に運ばれる場合、被害者がその病院を選ぶことはほとんどないし、また、救急車を呼ばないで被害者自身が病院に行く場合でも、事故現場近くの病院行くことが多いでしょう。

 

したがって、そうした病院の医療技術の水準や、環境などに不満があったり気に入らないことも少なくないと思われますが、

治療が継続したり、入院・手術となった時、もし他に「ここの病院がいい」というふさわしい病院があるのなら、遠慮せずに替わった方が良いのは当然です。

 

もちろん、最初の病院の主治医・担当医の了解を得る必要があるし、快く転院できることが望ましいのは言うまでもありません。

 

転院する場合、病院の協力がなければ、転送等で困ることがあるし、最初の病院から転院する病院への、患者の診断書や診療・治療の経過と記した申し送りが必要です。

 

また、後々、保険の請求等で最初の病院の診断書や治療証明書等が必要となることがあるので、相応の理由や口実を作って円満に転院できるようにしましょう。

 

病院のおける治療の善し悪しは、ケガの全快までの日数や後遺症が残るかどうか等に大きく関係します。

 

後悔しないために、納得のいく治療を行ってくれると思われる病院を選択したいものです。

 

なお、最初の病院の判断で、応急措置だけが行われ、転院を勧められ他の病院を紹介されることもありますが、自分で適当な病院を見つけられないようなら、それに従うことになります。

 

一方、重度の後遺障害なので入院生活が長期になった場合、一定の期間が過ぎると、病院側の都合だけで退院や転院を迫られるという非常に厳しい現実があることを頭に入れておきましょう。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA