(明石)示談による解決を目指すには?(損害賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身事故の解決は、結局は加害者側から被害者側への損害賠償の支払いによって終わりとなります。

 

しかし、被害者の治療費も支払わないような加害者もおり、そういう場合、「被害者請求」を行ったり、それだけで解決しなければ、さらに加害者側に話し合いを求めて損害賠償を請求したり、調停に持ち込んだり、裁判に訴えたりすることになります。

 

ですが、そのような面倒なことになるケースは非常に少なくなっています。

 

 

被害者側の納得がいかない不満なケースも多いと思われますが、損害賠償の問題は加害者側と被害者側の話し合いーー、「示談」によって98%以上が解決しているのです。

 

ともあれ、被害者側としても、なるべくなら調停とか、裁判とか面倒にならない方がいいでしょう。

 

もちろん、加害者側の出方や態度にもよりますが、まずは、示談による解決を目指したいところです。

 

その示談の交渉は、現在は自動車保険の関係で、加害者と直接に話し合うことが少なく、人身事故の対処に詳しい保険会社の担当者が相手となることが多くなっています。

 

この担当者こそが、事故以来、治療費等の支払いに関係している人物です。

 

なお、加害者・保険会社と被害者側の示談に向けての話し合いの内容は、後になって「言った、言わない」といったトラブルを防いだり、自己の記録の1つとして残しておくために、日時と場所、交渉内容ノートなどに記録しておきましょう。

必ず役に立つことがあるはずです。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA