(明石)加害者側が治療費を払ってくれない時は⁉︎(賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身事故の被害者にとって、まず1番の負担になるのは治療費です。

 

加害者が任意保険に入っている場合は、治療費は保険会社で怪我の程度を確認して支払ってくれます。

ケガの程度が軽い場合は、大した金額にならないので、被害者が支払い、後の示談の時に、他の損害賠償と一緒に支払ってもらうことも少なくありません。

 

病院から保険会社に月々の治療費・入院代等の請求が行き、それを保険会社が病院に支払うので、被害者は安心して治療に専念できます。

 

一部の大学病院や国公立病院では保険会社による支払いを認めていないところもあるようですが、その場合は、保険会社と相談してそれに合うような支払いをすれば良いでしょう。

 

これは、普通、被害者が何も言わなくても、加害者か保険会社の担当者がこうした方法をとってくれることが多いですが、義務ではありません。

保険会社ではサービスの一環として捉えています。

治療費等の金額や被害者の過失の程度などを考慮しながら、そうしているわけです。

 

被害者としても念のため、前もって、加害者・保険会社側に治療費を病院に払うように申し入れ、病院に対しては治療費が保険会社に請求するようにと言っておく必要がある場合もあるでしょう。

 

なお、治療費の支払いの心配はないとしても、仕事を休んで収入がなくなり、生活に困った場合などは、休業損害等を「仮払い」という形で加害者の任意保険で払ってもらうよう保険会社に要求しましょう。

この分の支払い額は示談の決定金額から差し引かれますが、一時的な生活苦を乗り越えるための有力な手段です。

加害者・保険会社側から被害者の過失の大きさなどを理由に治療費の支払いを拒否される場合もありますが、治療費の支払いは被害者にとって非常に大きな負担です。

とにかく、支払うよう積極的に請求すべきです。

 

それでも加害者側が支払わない場合は、被害者側が病院に支払わざるをえません。

そんな時は、あまり高くならないうちに支払った分をどんどん加害者側に請求して、たとえ一分でも受け取るようにしましょう。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA