(明石)過失割合で保険会社に対抗するには?(事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

交通事故が起きた原因について、加害者が被害者が同意し、お互いに納得していれば過失割合をめぐって争いになる事は少ないでしょう。

 

しかし、事故の原因がついて言い分が大きく違うと、加害者側と被害者側が激しく対立することになります。

 

被害者側は、事故発生の状況についてしっかりと把握しておくことが必要です。

 

例えば、信号のある横断歩道で歩行者が車にはねられた場合、渡っていた信号が青であったか赤であったで過失割合が大きく違ってきます。

 

また、保険会社の担当者に事故の状況を説明するときは、被害者側の過失が少ないことの主張や証明をきっちりとやり、過失の状況を被害者側に有利に続くような論理を、展開していくことが大事です。

 

過失割合のもとになる保険会社が認定した事故状況について不満や疑問ある場合は担当者にとことん説明を求め、分りにくければ事故状況を書面で出してもらって、その認定が正当なものかどうか、納得のいくものかどうかを確認しましょう。

 

もし被害者側が把握している事実と違っていたり、納得がいかない場合は、独自で調べた調査資料などで徹底的に修正させておかなければなりません。

 

保険会社が事故状況について修正に応じず、対立が解消できない場合、結局は保険会社側の言う過失割合に沿って損害賠償額が支払われることになります。

 

簡単にあきらめないで、何度でも現場に行って調べたり保険会社を探したりして少しでも被害者側に有利な事故状況にもっていくようがんばりましょう。

 

最終的には裁判に訴えて、裁判官に適正な過失割合によって損害賠償額を決めてもらう、という強い姿勢も必要ですね。

 

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA