(明石)念書を求められたら必ず断りましょう❢(事故治療)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

もしあなたが事故の加害者になってしまったら…(・。・;

 

「事故が起きたときはとりあえず謝っておけばいい…」というような考えは方は避けるべきです✊100%自分が悪いと思っても、相手から「事故の責任は一切当方にあり、全額賠償します❢」というような旨の念書を書くように要求されたら絶対に拒否しましょう。

 

念書とは、後日の証拠として念のために作成する文書ですから、あとで念書を振りかざして法外な請求額を突きつけてくるような悪質なケースも考えられます。

 

たとえ、加害者本人が全面的に過失を認め、念書を書いたとしても、その事故について保険金を支払うのは保険会社です❢「相手側にも10%の過失割合が認められる」と保険会社が判断した場合は、保険会社は被害者に損害額全体の90%しか支払いません。そうなると最悪の場合、残りの10%を加害者が負担することになりかねないのです。

 

ですから、事故現場では、損害賠償に関する具体的な話はしてはいけません❢もし、念書や即決示談を求められた場合は、自分が加入する保険会社の担当者と話し合ってもらうように相手に求めましょう(●^o^●)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA