(明石)「一括払い」を含む損害賠償請求の流れは?(事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

自賠責保険は、請求すればその金額が支払われて終わり、というわけではありません。

請求を受けた保険会社が、提出された書類を添えて専門機関へ調査を依頼し、その報告をもとに保険金額を決定します。

 

「一括払い」とは、加害者の加入している任意保険会社が窓口となり、自賠責保険と対人賠償保険(任意保険)の保険金を被害者に対して一括で支払う制度です。

 

一括払いの請求が行われると、支払い窓口となった任意保険会社は被害者への自賠責保険金を立て替えて支払い、後に立て替えた保険金を自賠責保険会社から受け取ります。

 

事故当事者が、任意保険と自賠責保険の両方の手続きをした場合、膨大な手間と時間がかかってしまいます。

そこで、この一括払いの請求を行うことにより、事故当事者は請求手続きの軽減と迅速な支払いを受けることができるのです。

 

なお、この請求は被害者、加害者のどちらからも行うことができますが、任意保険の支払い対象事故でない場合や、賠償額が自賠責保険の支払い範囲内の時は一括払いの請求がおこなえないので注意が必要です。

 

また、示談交渉が長期化した場合、保険会社に任せきりになってなってしまいますから、自賠責保険の本請求の時効にも注意が必要となります。

その際は必ず「時効中断申請書」を自賠責保険会社に提出しましょう。

 

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA