(明石)事故に遭われたら早急に医師の診断を❢(損害賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

損害賠償請求を行うためには、医師が作成する診断書が必要です。そして、交通事故による負傷であることを証明するためには、事故後すぐに医師の診断を受けることが大切となります。軽い負傷の場合、時間が経ってしまうと交通事故による負傷なのかどうかの判断がつかなくなり、診断書を作成してもらうことが難しくなります。

 

示談交渉においても、事故日と診断日がずれていれば、本当にそれが事故による負傷なのかを疑われることになります。

 

また、診断書作成は、法的には医師(歯科医師、獣医師含む)のみに認められているものです。

 

柔道整復師でも診断書を作成することはあり、治療費の受け取りは可能とされていますが、特に後遺障害診断書は、医師が作成したもののみが有効となります。

 

後遺障害の認定を申請する段階になっていきなり整形外科を受診しても、医師は患者さんを診ていないので、被害者の後遺障害診断書の作成はされません。

 

事故当初、症状が軽く感じられても、後で辛くなってくるような患者さまも多くいらっしゃいます。 後のトラブルを避けるため、ご自身の身を守るためにも、必ず医師及び柔道整復師の診療を受ける事を強くおすすめします❢❢

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA