(明石)示談交渉は弁護士に頼むのも1つの方法です(損害賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

加害者側への損害賠償請求は、状況や事情によっては、被害者や被害者の関係者が行うのが難しい場合があります。

 

例えば、被害者が一家の主人で重傷だったり亡くなった場合に、周囲に示談の交渉を任せる人がいない場合などです。

 

また被害者やその関係者が、色々な理由から加害者側と示談交渉をしたくない場合もあるし、自分たちの手に負えないケースもあります。

 

そのようなときには、弁護士に示談交渉を頼むのも1つの方法です。

任せっぱなしとは言えませんが、自分たちでやるよりははるかに楽だし、損害賠償の金額もずっと多くなるのが普通です。

 

弁護士は損害保険会社に対して、「裁判を起こせば、賠償金額の高い『裁判所の基準」で判決が下される。裁判にしないでそれに近い基準で保険金を支払ったらどうか」といった交渉します。

 

保険会社としては、裁判になれば費用や人手がかかり、また、支払わなければならない保険金も増えるので、裁判にはもちこまずに弁護士の要求に近づけて解決を図ることが多いようです。

 

「弁護士の報酬基準」には示談交渉の場合、裁判の場合の3分の2に減額できるとありますが、弁護士に示談を頼むときは少しでも安く済むよう率直に相談してみましょう。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA