(明石)後遺症が残った場合は、その損害の請求を!(後遺障害)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です

人身事故では、これ以上治療を続けても症状の改善が望めない状況になった時(症状固定)に残る障害を、

「後遺障害」とか「後遺症」と呼んでいます。

 

症状固定になるまでは「傷害」による損害賠償請求(治療費等、休業損害、傷害分の慰謝料)を行うわけですが、

後遺障害の場合、それに加えて「後遺障害の損害賠償」(後遺症分の慰謝料、後遺障害による逸失利益、介護料等を請求することになります。

 

自分でも納得して症状固定を認め、治療を終了した場合、後遺症という重たいハンデを背負わされた代償である後遺障害の損害賠償を十分に勝ち取りましょう。

 

また、症状が固定しない場合でも、症状固定として示談を進めなければならないこともありますが、その場合はできるだけ重い等級を認めさせ、増えた損害賠償金で完治や後遺障害の軽度化を目指しましょう。

 

被害者が症状固定を認め、後遺障害の補償を受けるには、主治医等の診療を受けて「後遺障害診断書」を書いてもらうことが必要です。

 

その後、被害者は「被害者請求」で自賠責保険会社あてに後遺障害診断書を添えて等級認定を求め、それにより後遺障害の損害賠償額を請求する場合もありますが、大体は、交渉の窓口になっている加害者側の保険会社に同診断書を提出して、等級の認定を請求します。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA