(明石)加害者が保険金を受け取って行方不明になった場合⁈(損害賠償)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

Q:示談成立後、加害者から「保険会社から保険金を受け取ったら、あなたの銀行口座に振り込みます」という連絡がありました。

ところが、期日になっても保険金が振り込まれず、加害者は行方不明になってしまいました。

保険会社に問い合わせると、「保険金は既に支払いました」とのことです。

私はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

A:保険金額が決定された加害者が保険会社に保険金請求権を取得して、それに応じて保険会社から加害者に保険金が支払われます。

 

その保険金が加害者から被害者に支払われるというのが基本的な流れです。

 

ただ、この手順は、面倒であるため保険会社から直接被害者に支払われることが多いようです。

 

保険会社は、加害者に保険金を支払った時点で、保険金支払業務を果たしたことになります。

 

このケースの場合も、法律的には、保険会社の保険金支払業務は消滅しています。

 

このため、被害者は、加害者に対して請求することになりますが、この場合には加害者が行方不明なので、事実上、それは不可能です。

 

ただ、示談交渉から保険金支払いに至るまでに、保険会社に過失が認められるのであれば、被害者は保険会社に対して保険金相当額の損害賠償を請求できます。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA