(明石市)交差点を右折するダンプカーが直進車と衝突した場合(過失相殺)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

Q:私は運送会社に勤務しており、ダンプカーを運転しています。

先日、工事現場近くの交差点に進入した時、急ぐあまり徐行をしないまま右折したところへ、前方から、かなりのスピードで乗用車が進んできて衝突事故を起こしました。

このような場合、過失割合はどうなるのでしょうか?

 

 

A:交通事故の場所が交差点の場合、過失割合の算定はさらに複雑になります。

 

まず、車両等が交差点で右折する場合、直進車や左折車がいるときは、その進行妨害をしてはならないと道路交通法が規定しています。

 

右折車が交差点で事故を起こした場合、この規定に違反しているので、過失割合の算定で不利益に扱われます。

 

基本的には過失割合は右折車対直進車で80対20となります。

 

この基本過失割合に修正要素を加えます。

 

このケースの場合、右折車は、道路交通法上、交差点の中心の直近の内側を徐行しなければなりません。

 

しかし、徐行していないのでマイナス要素となり、10%加算されます。

 

さらに事故になった場合の危険性からダンプカーという大型車は、5%加算されます。

 

結局、15%加算になります。

 

次に、直進車はスピード違反のようなので、その点は相手方(直進車)の方でマイナスに修正されます。

 

かなりのスピードということで、具体的にどれだけの制限速度違反かは不明ですが、15㎞以上ですと10%加算、30㎞以上になるとは20%が加算されます。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA