(明石市)事故状況の説明が加害者と食い違った場合は?(交通事故相談)

明石の交通治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

Q:加害者と私の事故状況の説明が食い違っていて、警察からは、「こういう事故状況だったんじゃないか」と言った推測で話をされている状況です。

警察の人に自分の事故状況をわかってもらうためには、どのようにすればいいのでしょうか?

 

A:残念ながら、警察の方で一定の推測に基づくストーリーが考えられ、そのような形で「実況見分調書」が作成されてしまっているケースがある事は否定できません。

 

加害者と被害者ので事故状況の説明が食い違っている場合、きちんとその旨を警察に説明して、「各当事者の説明に基づく実況見分調書を1通ずつ作成してほしい」と言えば作成してもらえることがあるので、お願いしてみましょう。

 

また救急搬送されて、現場検証に立ち会えないケースは、特に注意が必要になります。

 

このようなケースでは、加害者の一方的な説明に基づく実況見分調書が出来上がっていることがほとんどで、自分に有利な過失割合を提示するための根拠として、実況見分調書を使えない可能性があります。

 

こうなってしまわないように、警察には退院後、「現場での検証をしてほしい」ということを必ず回答しておきましょう。

 

もし再度、警察に現場検証を行ってもらえず、実況見分調書を作成してもらえないようだと、最終的には裁判手続きなので、実際の事故状況がどのようなものであったのかを主張し、過失割合について争うしかありません。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA