(明石市)過失割合を決めるための強力な証拠「交通事故証明書」(交通事故治療)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です

過失割合を決める際には、証拠・資料を収集することが非常に重要です。

 

実際に起こった事故の類型を確定させない限り、過失割合の基準表を用いて調べても、適切な過失割合を導き出せなくなってしまいます。

 

事故状況について、当事者双方の見解が合致している場合はそれで良いのですが、双方の言い分が食い違っている場合、それだけでは事故類型の確定ができません。

 

当事者とは離れた、第三者、それも公的な機関が作成した証拠があれば、信用性は高いものとなるでしょう。

 

人身事故が起きた場合、基本的には、事故後に警察へ届出をしているでしょう。

 

そのような場合には、交通事故証明書が作成されているはずです。

 

まずは「交通事故証明書を取り寄せることが必要」です。

 

交通事故証明書は、最寄りの自動車安全運転センターが作成しています。交通事故証明書を取得取得する方法は以下の通りです。

 

・自宅近くの自動車安全運転センターで申請をする

・自動車安全運転センターに郵送をお願いする

・自動車安全運転センターのホームページに申請して取得する(交通事故証明書の申請ホームがあります)

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA