(明石市)加害者側の保険会社への個人情報の開示は?(交通事故治療)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

Q:事故後、加害者側の保険会社から「同意書」が送られてきました。

これは、主治医に私の症状や治療内容に関する医療情報を確認したり診断書等の発行を病院に依頼するために必要との理由からです。

個人情報ですので、保険会社へ開示しなくても問題ないでしょうか?

 

A:加害者側の保険会社が直接、病院に治療費を支払ってくれる根拠として、被害者の症状や治療内容などを確認する必要があります。

 

したがって、同意書に署名・押印をして返送することをお勧めします。

 

仮に同意書の返送を拒否すると、ご自身で治療費を一旦立て替えて、その後に保険会社に請求しなければならない可能性があります。

 

また、入院することになり、安静にしたい場合、個室の利用代についても、加害者側の保険会社が支払ってくれます。

 

個室の利用代は、普通の大部屋でも治療が可能であるならば、保険会社は基本的に支払ってくれません。

 

症状が重い場合や空室がない場合、医師から個室を利用するよう指示が出ている時などには、個室の利用を支払ってもらえます。

 

もちろん、ご自身で個室の利用代を負担して、利用することは問題ありません。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA