(明石市)保険会社の担当者が窓口の理由は⁇(保険請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

Q:事故後、保険会社の担当者から連絡があるばかりで、加害者からは謝罪の一言もなく、腹が立って仕方がありません。

なぜ、事故の当事者でない保険会社の担当者が窓口なのでしょうか?

 

 

A:現在の任意保険の内容には、「示談代行制度」という保険サービスがついています。

 

この制度があることから、加害者の代わりに保険会社の担当者がやりとりをしているのです。

 

これは、事故の当事者同士だと感情的になってしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまうことや、保険手続きが複雑なこともあり、保険会社の担当者が代わりに話をした方が良いという理由によります。

 

もっとも、示談代行制度があっても、きちんと謝罪される加害者もいますので、謝罪をしないのは、その人のパーソナリティーと割り切り、あとは保険会社に適切な賠償金を払ってもらうだけという考えをした方が賢明といえます。

 

保険会社の担当者から連絡が来ないようにしたい場合には、弁護士に依頼することをお勧めします。

 

特に保険会社ともめていなくても、弁護士に依頼することができます。

加えて、弁護士があなたの代理人になることによって、その後の保険会社からの一切の連絡は、弁護士宛に来ることになります。

 

弁護士に依頼しておけば、あなたが交渉に時間を取られることもなくなりますし、解決に至るまでの交渉のストレスからも解放されることになります。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA