休業補償はいつまでもらえるのか?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

給与所得者の場合、通常、「休業損害証明書」を就業先に書いてもらい、それを加害者側の保険会社に提出して請求します。

 

「休業損害証明書」には「事故前3ヶ月の給料」「事故で休んだ日」「休んだ期間の給料の支払いの有無」等の内容が書かれています。

 

また、「源泉徴収票」も提出することになりますが、紛失等によって手元にない場合就業先から再発行してもらいましょう。

 

自営業者であれば、事故前年の「所得税確定申告書」一式等を提出することになります。

 

足などを骨折してギプスが外れず、しばらく入院しているような場合は別として、例えばむち打ち症で休めば、当然にその分の休業補償をずっともらえるわけではありません。

 

これは休んだことに対して「休業の必要性」が認められるか否かが関係します。

 

すなわち、軽症の場合や事故から3ヶ月以上経過しているにもかかわらず、終日休まなければならない状態なのかどうかが問題になるのです。

 

むち打ち症の場合、事故から3ヶ月以上経過してくると、休業補償の一方的な打ち切りを打診してくるのがほとんどです。

 

場合によっては、「休業補償を支払って欲しければ、来月治療を止めてください」などといった交換条件を提示されることもあります。

 

休業の必要性については、「主治医の医学的判断も含めて被害者側が休業の必要性を証明し、説明していかなければならない」のです。

 

休業の必要性の証明とは、医師に自分の具体的な仕事内容を伝えて、現在の症状から仕事を休んだり、制限したりしなければならない旨の「診断書」等を発行してもらうことです。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA