加害者とその保険会社に確認すべき5つの事

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

1️⃣加害者の連絡先などを聞きましたか?

加害者の氏名や車のナンバー、連絡先、住所等を聞いておきましょう。これらは、適切な賠償を受けるための大切な情報となります。

 

2️⃣加害者が入っている保険を確認しましたか?

自動車保険には、運転者が必ず加入する「自賠責保険」と任意に加入する「任意保険」とがあります。

現在では多くの運転者が任意保険に加入していますが、加害者に必ず確認しておきましょう。

 

3️⃣加害者は仕事中でしたか?

仕事中に起こした事故の場合、責任は運転者の使用者(勤務先の会社等)も負うことになり、被害者はその使用者に対して損害賠償請求をすることができます。

したがって、この場合、加害者の勤務先を確認しましょう

 

4️⃣加害者側の保険会社へ、休業の必要性を説明しましたか?

休業損害(仕事を休んだ場合に加害者側の保険会社に請求できる補償)は、会社を休んだ日数分、必ず支払ってもらえるわけではありません。

被害者は、医師の医学的な判断も含めて休業の必要性を保険会社へ証明する必要があります。

ですから、休業損害を保険会社に請求する際には、医師に自身の業務内容を説明し、仕事を休む必要がある旨の「診断書」等を発行してもらうことが大切です。

 

5️⃣加害者側の保険会社へ、過失割合の根拠を聞いてみましたか?

加害者側の保険会社は被害者の味方ではないため、被害者に有利な過失割合を示してくれるわけではありません。

なぜ、被害者の過失割合が「〇〇%」と判断されたのか、その根拠となる理由を確認することが大切です。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA