搭乗者傷害保険と無保険車傷害保険とは??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

搭乗者傷害保険は、「被保険自動車の運行による事故で、その自動車に乗車していた人が死傷した場合に、あらかじめ定められた保険金が支払われる保険」です。

 

この保険は、被保険者の家族でなくても、被保険自動車に乗車中の被害者であれば、誰でも補償されます。しかし、すべてのケースで保険金が支払われるというわけではありません。飲酒運転はもちろん、違法な乗り方をしていた場合には保険は支払われません。

 

ただし、支払われる場合も、保険金は一定額で金額もそれほど大きくはありません。

 

無保険車傷害保険とは、「無保険の自動車によって起こされた事故によって、被保険者(被害者)が死亡したり、後遺障害を負った場合に一定の保険金が支払われる保険」です。

 

この保険は、死亡したり、後遺障害を負った場合にだけ支払われる保険ですので、後遺障害をともなわない傷害の場合には支払われません。なので、ケガの場合には相手の自賠責保険で最高120万円までは補償されますが、それ以上は補償されないということになります。

 

また入院で仕事が出来ない間の休業補償などの損害も、無保険者傷害保険では補償されないので覚えておいてくださいね。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA