加害者からの「見舞い金」「口止め料」には要注意!!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

慰謝料の相談が出来ます

加害者から「事故で迷惑をかけてしまったので…」と❝お見舞い金❞をもらい、人身事故にしなかったお礼にと「口止め料」をもらったのですが(;´・ω・)加害者の保険会社からは「示談金からその額を差し引きますね」と言われました。

 

実際、このようなケースは事故の当事者間にあることで、特に加害者が仕事中で「会社にばれると困るため、これだけ払うので、示談してください❕」と言われて「示談書」のたぐいを作成してしまうと、取り返しのつかないことになります。

 

直接、加害者に金品を求めるのはもちろんのこと、加害者から「お見舞い金」や「口止め料」の名目で金品を受領することは、控えるのが望ましいといえます。

 

ちなみに、過去の裁判例になりますが、「お見舞い金」や「口止め料」を受け取ってしまった場合、それが「損害を補てんする趣旨」と考えられる場合には、損害賠償(示談金)から差し引かれる可能性があると判断がなされています。

 

また、「損害を補てんする趣旨」と考えられない場合であっても、傷害慰謝料(入通院の慰謝料)算定の一事情として考慮されてしまうこともあります。すなわち、賠償金を別にもらえると思っていたら、お見舞い金などが賠償金の一部と判断され、最終的にもらえる額が減ってしまう結果になってしまうのです。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA