物損事故の示談の問題点!!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

物損事故だけの場合、人身事故と違い、事故を起こした加害者、被害者双方があまり深刻にならない場合が多いようです。ケガがなくてよかったと安堵するあまり、警察への事故届をしないといった場合もあるでしょう。こうしたことが、以後に大きなトラブルとなることもあります。

 

実は、物損事故の場合、示談の交渉がこじれると厄介なことがあるんです。

 

まず、第一の問題点は、一般に被害額が少ないということです。これが問題となるのは、加害者側の損害賠償の提示額が低いと思っても、示談交渉がまとまらない場合、裁判にかける時間や費用を考えると、提示された示談額で解決するしかないという場合があるからです。

 

第二に、物損事故の場合、人身事故と違い任意保険に加入している場合が少ないということです。加害者が任意保険の対物保険に加入していない場合には、加害者自身が支払わなければならず、金策が必要ということになります。そこで、加害者にお金がないときは、工面してもらうまで待つということになり、最悪の場合は示談は成立しても、示談金が支払われないというケースも考えられます。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡3231

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA