人身傷害補償保険とは?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身傷害補償保険は、「被保険者(家族なども含みます)が人身傷害事故の結果、傷害を負ったり、死亡した場合に保険金が支払われる保険」です。

そのため、加害者が「任意保険にも自賠責保険にも加入していない完全な無保険状態だった場合」(自賠責保険は強制加入ですが、期限切れなど適用されない場合)に、被害者自身の保険会社から保険金が支払われます。

また、加害者が自賠責保険のみで任意保険に加入していなかった場合には、自賠責保険で補てんされる損害は自賠責保険から支払われ、不足部分が人身傷害補償保険から支払われます。

人身傷害補償保険の場合、加害者の責任の有無や過失割合にかかわらず、自身が加入している保険会社の「保険金支払基準」で支払われます。

ですから、被害者にも過失があって、加害者側の保険会社から損害額の全額の支払いを受けられない場合に、残る部分を人身傷害補償保険に請求することができます。

もっと言えば、自身の過失が大きい場合でも、加害者側から支払われた示談金を除く部分の保険金の支払いを受けることができるのです。

さらに、人身傷害補償保険は、一般的に被保険(自分が保険の対象にしている)自動車以外に乗車していたときの事故や、歩行中の事故でも補償を受けることができます。また被保険者の家族が事故にあった場合でも保証されます。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA