物損事故にはどんな法律が適用されるの??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

自動車事故の被害者が加害者に対して、損害賠償を請求しようという場合には、法律上の根拠がなければなりません。一般に自動車事故の損害賠償で用いられる法律は、自動車損害賠償保障法3民法709です。

 

しかし、自賠責保険から支払われるのは人身事故の場合だけで、物損事故の場合には自賠法の適用はなく、民法の不法行為により損害賠償を請求するしかありません。

 

自賠法は、被害者救済のために作られた法律で、人身事故の被害者が損害賠償請求をしやすいような構成になっています。自賠法の場合、加害者が自ら無過失を立証しない限り、加害者に過失があるとされます。

 

これに対して、物損事故の場合は、民法709条の不法行為責任に基づいて損害賠償を請求するわけですが、この条文は自動車事故に限らず、医療事故、学校事故、食品事故、公害など、あらゆる損害賠償問題で使われる法律なのです。

 

民法の不法行為の場合は、自動車事故が加害者の違法な行為によって損害が生じたこと、さらに加害者に故意または過失があったことを証明しなければなりません。

 

  • 加害者の責任追及➡民法709条(不法行為)

 

  • 使用者の責任➡民法715条(使用者責任)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA