相続人以外の親族には慰謝料は認められない??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

死亡事故の場合の慰謝料に関する条文として、民法では「他人の生命を害したる者は、被害者の父母、配偶者、およびその子に対しては、その財産権を害せられざりし場合においても、損害賠償をさすことを要す」(711)という規定があります。この規定は、近親者の慰謝料請求権を認めたものといわれていますが、これをめぐっていくつかの問題が起きています。

 

1つには、この規定により慰謝料請求権を認めているのであるから、相続の対象となる死者固有の慰謝料請求権を認めるのはおかしいというものです。東京地方裁判所では、最高裁判所が❝死者が慰謝料を放棄したと解しうる特別の事情がないかぎり、当然に相続されるものである❞との判決が出て、一応の決着が出たにもかかわらず、近親者固有の慰謝料のみで解決した判決を出しています。

 

もう1つは、この規定で認める近親者の範囲は、被害者の父母、配偶者、その子に限られるのか、あるいはこれは単なる例示に過ぎず、ここに揚げた以外の近親者も含まれるのかという問題です。

 

古い判例では、民法711条は慰謝料請求権の範囲を一定の近親者に制限したものというのが主流でしたが、近時の判例では、内縁の妻に対して、民法711条を類推適用して、慰謝料請求権を認めています

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡3231

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA