事故で休み収入が得られなかった場合は休業損害を請求できます

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

自動車事故で負傷した人が入院や通院のために休業を余儀なくされ、そのために得られなかった収入を補填してもらうのが休業損害です。

注意することは、入院や通院をしても、収入の減少がなかった場合には、休業損害は請求できないということです。

例えば、サラリーマンが負傷して休業しても、その期間中、勤務先の会社から給料が支給されていた場合には、加害者に休業損害を請求することができません。

また、会社からの給料の支給はないが、労災から給料の6割を支給されていた場合には、差額の4割だけしか加害者に請求できません。

このように休業損害と言うのは、自分の受けた損害分しか請求できず、あちこちからダブって給料分を超える金額を請求できるわけではありません。

以前は、有給休暇を使ったとしても現実的に損害がないから休業損害は認められず、その後、病気などをして、有給休暇を使い果たしていたために欠勤扱いを受けた場合に、初めて損害賠償を請求できると言う解釈が主流を占めていました。

しかし最近の判例では、有給休暇を使うかどうかは加害者に関係のない問題であり、被害者の意思によって加害者が不当に得をすることになり不公平であるとして、有給休暇を使用したために収入に減少がなくても、休業損害を認める方向です。保険会社も同様の扱いをしています。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA