警察はどうして「待ち伏せ取り締まり」を公然と行うの!?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

「今日も、あそこで警察が待ち伏せしているよ…💦」なんて、会話のやりとりをよく耳にしますが、警察側の見解は要するにこうです。

 

『ことさらに身を隠しているのではない。ふだんの運転を見ているだけだ!ふだんの運転が違反なら取り締まる。警察が見ていれば違反しない、見ていなければ違反する。では困る。警察官の人員が限られているなかで、運転者の望むようにしていては、違反や事故を抑止できない』

 

この見解をもとに、ドライバーたちが違反しやすい場所で、違反を「黙認してのち検挙」することがよく行われる…通達違反が公然と行われているのです。

 

「こんな取り締まりは、交通の安全・円滑には、なんの役にも立たないじゃないか!」と警察への反感を募らせ、「納得がいかない!」と、多くのドライバーがはらわたを煮えくり返らせ、怒っています。

 

しかし、取り締まりをしている警察を憎むのは筋違いのように思います。日頃から、交通違反をしないように安全運転していれば、警察がいても怯えることはありません。

 

「いつどこに警察がいても大丈夫!」と思えるような安全運転を心掛けてくださいね。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡3231

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA