裁判になった場合の被害者の負担って…!?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

先日、事故に遭われた方から「裁判になった場合、解決時間が長引くことは仕方がないと思うのですが、自分が裁判所に出頭したりするなど、何か負担になることをしなければならないんでしょうか??」という質問をお受けしました。

 

もし、この被害に遭われた方が弁護士に依頼しているのであれば、弁護士が代わりに裁判所に出頭するので、毎回、裁判所に出向くことはありません。

 

もっとも、過失割合など事故状況に関して争いがある場合には、事故の当事者から直接、聞いた方がよいということもあり、事故状況を説明するため、裁判所に出頭する必要があることもあります。

 

また、争点となっている部分に関して、「陳述書」という書面の作成に協力しなければならないこともあります。

 

弁護士に依頼しているのであれば、「陳述書」の作成もサポートしてもらえるはずです。

 

※陳述書…日本の民事訴訟において当事者から提出される証拠の一種であり、訴訟当事者や関係者の言い分などをまとめたものに、本人が署名押印した書面をいう。(wikipediaより)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡3231

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA