被害者の近親者にも慰謝料請求が認められる⁇

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

img_0324

Q:被害者の近親者にも慰謝料請求が認められる事はありますか?

A:被害者が死亡した場合や、死亡に匹敵するほどの重症や障害が生じた場合には近親者にも慰謝料請求が認められます。

交通事故によって被害者が死亡した場合には、遺族が加害者に慰謝料を請求する場面がよく見られます。この請求は法律的には民法711条に根拠があります。

同条によると、他人の生命を侵害したものは、被害者の父母、配偶者と子に対して慰謝料を支払わなければなりません。これを近親者固有の慰謝料請求権と呼びます。

しかし、民法711条では、「他人の生命を侵害した」と記していますので、傷害事故の場合には近親者に慰謝料請求権は認められないようにも思われます。

と言うのも、交通事故による死亡は、近親者にとって家族を永遠に失うので、その精神的苦痛が甚大である事は間違いありません。しかし、傷害事故の場合は被害者自身の精神的苦痛は大きいものですが、それが近親者に及ぶとは考えにくいからです。

そこで判例は、生命侵害に匹敵するほどの精神的苦痛を近親者が被った時に限って、近親者に固有の慰謝料請求権が認められるとしました。

ただし、これは民法711条ではなく709条、710条に基づく近親者固有の精神的苦痛による請求権です。例えば、娘が顔に一生消えないほどの深い傷を負った場合の両親など、被害者に相当の重症や重度の障害が生じた場合がこれにあたります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA