応急処置

交通事故に遭った際に、救急車が到着するまでにできる処置があります。
この処置をするかどうかで怪我の回復を早めたりできるRICE(ライス)処置についてのご紹介です。

救急車を呼ぶ

交通事故直後の強いむち打ち状態の時などに起きる症状として、手足が動かせない、握力がなくなる、手がしびれる、首が痛くて動かせない、などの状態であれば、すぐに救急車を呼びましょう

体を無理に動かさない

このとき、頭や首を無理に動かさないようにします。
すでに倒れているのなら、そのままの状態にしておいて、救急車を呼びます。むち打ちに限らず、急な怪我や事故などの時、救急車を待つ間、応急処置を行います。

RICE(ライス)処置

応急処置の方法として一般的なものに、RICE(ライス)処置と呼ばれているものがあります。RICE(ライス)とは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、打撲やネンザなど、スポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。処置が早ければ早いほど患部の悪化を防ぎ、ケガの回復は早くなるので、このRICE処置はとても有効な応急処置法といえます。

具体的な処置

具体的には、Rest(安静)は、怪我をした患部を動かさず、安静に保ちます。Ice(冷却)は患部の冷やして、痛みを緩和すると同時に血管を収縮させて内出血や炎症を抑えます。Compression(圧迫)は、包帯などで圧迫して、出血や腫れを防ぎます。Elevation(挙上)は、患部を心臓より高い位置に保つことで、炎症や腫れ、内出血を防ぎます。交通事故の場面に遭遇した場合、冷静な判断や的確な応急処置方法などは分からなくなってしまいがちですが、RICE処置を念頭に落ち着いて対処し、速やかに救急車を呼びましょう。

まとめ

交通事故に遭ってしまうと、頭が混乱し、正常な判断が出来なくなる場合があります。
まずは落ち着いて救急車を呼び、RICE(ライス)処置をすることをお勧めします。
明石市魚住町にある接骨院では交通事故被害者救済のための講習を行っておりますので、ぜひご相談ください。