後遺症

むちうちの後遺症で認定されるケースの場合の等級は後遺障害14級9号が一般的です。

後遺障害12級13号の認定には、神経症状の存在が「他覚的に証明され、神経学的所見からも証明可能」なケースになりMRIやCTなどの検査で原因の証明の他様々なテストや検査から神経学的所見に異常所見が証明できることが必要です。

しかし重要なのは、交通事故による首の後遺症が適応されるかではなく後遺症にならずにむちうちを完治させることにあります。

交通事故による首のむちうちの後遺症で頭痛や吐き気・めまいや手足のしびれ、肩や首のコリや痛み重いだるさなどをずっと引きずってしまったり、梅雨の時期など天気の悪い日に感じる違和感や痛みなどにずっと悩まされるのは、非常につらいことではないでしょうか。

交通事故での首のむちうちの後遺症を残さない為にも気のせいなどと躊躇せず、早期に適切な治療を受けるようにしましょう。

整形外科と平行して接骨院での施術を受けることも可能ですので、ぜひ、しっかりと適切な治療を受けていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA