むち打ちとは

外傷性頸部症候群という言葉をご存知でしょうか?
一般には、むち打ち症(鞭打ち症、むちうち症)またはむち打ち損傷という俗称で知られています。

交通事故などで、急な力が加わると、首や背中、腰に打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などを引き起こします。
これらの症状を外傷性頸部症候群(むち打ち症)といいます。

症状が出る時期

ムチウチ損傷で注目すべき、症状が事故の当日は症状が出ないという点です。

翌日から1週間程度で様々な症状が出る事が症例として報告されています。

当院に来院される患者さんも、当日から3日程度で症状が出ないで、保険会社と示談してしまい、後日、体が痛くなってきたという方もいらっしゃいます。

症状

むち打ち症による症状は下記のようなものがあります

  • 首筋の痛み
  • 背中の痛み
  • 肩のこりや痛み
  • 手足のしびれ
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 食欲不振

後日問題になる症状

交通事故後に、体にシビレを感じだ場合、詳細に体を検査する必要があります。
神経を圧迫した際にシビレが出る事があるのですが、事故の衝撃で頸髄損傷や体の中にズレが生じた場合、神経を圧迫してシビレを生じることがあります。
当院にご相談いただければ、信頼できる病院と連携の上、後遺症の残らない治療をさせていただきます。

むち打ち症は接骨院で治療することが一般的です。
当院は明石市で実績が豊富な整骨院ですので安心してお任せいただけます。
すぎおか鍼灸接骨院は、首・肩・腰の痛みを根本から解決する接骨院です。
体の痛みに関するお悩みはお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA